患者満足度を上昇させる駐車場のポイントについて

クリニックの中には、患者様が利用するための駐車場を完備しているところもあります。

しかし、ただ単に駐車場を設置すれば、良い評価につながるというわけではありません。

ここからは、患者満足度を上昇させる駐車場のポイントについて解説しますので、クリニック関係者の方はぜひご覧ください。

広々としている

患者満足度が高いクリニックの駐車場は、得てして広々としているものです。

具体的には、1台の駐車スペースが幅3mほどあり、なおかつ丸みのあるラインが引かれているような駐車場は、とても喜ばれるでしょう。

なぜなら、クリニックに訪れる患者様の中には、車椅子に乗った方や、ベビーカーに乗った幼い子どもなども多く、ゆったりと乗り降りできる環境が求められるからです。

もちろん、駐車スペースだけでなく、駐車場の出入口が広々としていることも、患者満足度の上昇につながりやすいです。

屋根が付いている

患者満足度を上昇させるクリニックの駐車場には、屋根も設置すべきです。

悪天候の日に青空駐車場で乗り降りしたり、車椅子やベビーカーを出したりしまったりすることは、とても大変です。

一方、屋根が設置されていれば、濡れてしまう心配がないため、ゆっくりと時間をかけて来院の準備をすることができます。

ちなみに、クリニックの駐車場に屋根を設置する場合、すべての駐車スペースを覆う必要はありません。

すべて屋根で覆ってしまうと、駐車場内に柱を立てなければいけない可能性があり、そうなるとせっかくの開放感が失われてしまいます。

満車時の対応がされている

駐車場を確保していたとしても、クリニックの混雑具合によっては、満車となる可能性があります。

満車になると、当然それ以降に訪れた患者様は駐車することができませんが、患者満足度を上昇させるには、このようなケースへの備えをしておくべきです。

具体的な対応としては、まず近隣の駐車場や土地を借り、満車時の第二駐車場として確保しておくことが挙げられます。

患者様の負担を減らすため、できる限りクリニックの近くで確保しましょう。

また、その他でいうと、近くのコインパーキングに駐車してもらい、駐車料金を負担する方法も効果的です。

まとめ

患者様が来院時の駐車にストレスを感じるというケースは多いため、良い印象を持ってもらえるよう、クリニックはしっかりポイントを押さえなければいけません。

現時点での患者満足度を知りたいというクリニックは、一度E-Pサーベイを活用してみてください。

テンプレートを用いながら、簡単な操作でアンケート調査を実施することができます。

また、弊社は医療総合コンサルティング会社で御座います。

BSC(バランス・スコアカード)を使ったコンサル戦略で、多角的にクリニック経営をサポートさせて頂きます。

クリニックの経営でお悩みの方は、まずは弊社にご相談下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました