入院中の患者様における満足度を上げるための行動

入院中 患者満足度アップ 行動

入院の受け入れを行っているクリニックは、診察に訪れる患者様だけでなく、入院中の患者様にも適切な接遇を心掛けなければいけません。

ポイントを押さえて行動しなければ、患者満足度の悪化につながります。

ここからは、入院中の患者様における満足度を上げるため、クリニックの従業員が意識すべき行動について解説します。

介助の要請にはスピーディーに対応する

クリニックの入院患者様は、体調やケガなどの理由により、思うように身体を動かせないこともあります。

そのため、従業員は排泄を始めとする介助の要請に対し、スピーディーに対応しなければいけません。

対応が遅れてしまうと、患者様の心象を悪くしてしまいます。

ちなみに、介助の要請に素早く対応するコツとしては、クリニックの従業員の方から、困っていることや不安なことがないかを定期的に問いかけることが挙げられます。

もちろん、こうすることで入院患者様に思いやりを感じてもらうこともできます。

治療や処置について詳しく説明する

クリニックの従業員は、入院患者様に対し、身体診察や献血といったさまざまな処置を行います。

このとき、入院したばかりの患者様に対しては、必ず1つ1つの処置や治療について、詳しく説明しなければいけません。

特に詳しい説明もなく処置や治療を行うと、患者様を不安な気持ちにさせてしまいますし、「気持ちを理解してくれていない」という印象を与えてしまいます。

従業員からすれば日常的に行っている処置であっても、患者様にとっては恐怖になり得るため、注意してください。

プライバシーに配慮する

複数の入院患者様が過ごす大部屋では、プライバシーを確保するために、カーテンでベッドが仕切られています。

こちらは、具体的にはテレビや食事などの生活音、他の患者様やお見舞いに来た方の話し声、視線などを防ぐためのものです。

しかし、クリニックの従業員は、従業員という立場だからといって、プライバシーに配慮せず、カーテンを簡単に開け閉めしてはいけません。

こちらはもちろん、患者様にとって必要な処置を行う場合にも言えることです。

しっかりとカーテンの外側から声掛けを行い、患者様から了承を得た上で対応しなければ、評価は下がってしまいます。

まとめ

入院患者様の満足度をアップさせることは、今後における入院患者様の増加に大きく関与するため、必ず意識しましょう。

E-Pサーベイを利用すれば、充実したアンケート機能によって、患者様がどこに満足しているのか、どこに不満を抱いているのかをスムーズに明確化できます。

興味があるクリニック関係者の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

また、弊社は医療総合コンサルティング会社で御座います。

BSC(バランス・スコアカード)を使ったコンサル戦略で、多角的にクリニック経営をサポートさせて頂きます。

クリニックの経営でお悩みの方は、まずは弊社にご相談下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました