クリニックの従業員満足度向上につながる新しい取り組み

クリニックの従業員満足度は、職場環境を整えることや、福利厚生を充実させることにより、向上が期待できます。

また、これまでにはなかった新しい取り組みを導入することでも、従業員満足度はアップする可能性があります。

今回は、一般企業などで実際に導入されている3つの取り組みについて解説します。

サンクスカード

各従業員が院内の上司や同僚、部下に対し、互いに感謝を伝え合うカードのことをサンクスカードといいます。

具体的には、従業員の素晴らしかった行動や、助けられた行動に対して称賛や感謝を伝え合うなど、主にコミュニケーションの活性化を目的として導入するものです。

クリニックがこちらを導入することで、従業員一人一人の他者貢献実感による働きがいの向上や、組織としての一体感が醸成され、従業員満足度の向上にもつながります。

また、サンクスカードの発行枚数や内容によって、評価や表彰を行うことで、より従業員満足度向上の効果は高まります。

ピアボーナス

クリニックから従業員に対して贈られる報酬(賞与など)とは異なり、従業員同士で報酬を贈り合うことができる仕組みをピアボーナスといいます。

スマートフォンアプリや院内のチャットツールから、評価や感謝を贈りたい相手にポイントやメッセージを送信し、月ごとなど一定のタイミングで換算した後、社内公表や手当の支払いを行います。

ピアは同僚を意味する言葉であり、同僚同士が互いの仕事や行動を認め、称賛を行うだけでなく、それとともに少額の報酬を相互に送り合うというのが、サンクスカードとは異なる点です。

実際に導入するためにはある程度のコストがかかりますが、こちらもサンクスカードと同じように働きがいの向上、良い組織文化の醸成、従業員満足度向上につながる仕組みです。

ジョブクラフティング

「仕事はクリニックや上司から与えられたもしくは決められたルールや手順に従うのではなく、自ら組み立てるもの」という考え方をジョブクラフティングといいます。

こちらは、従業員が仕事の目的や意義を考え、仕事に対する自信のスタンスや役割認識を振り返ることで、仕事の幅や他者との連携範囲を拡大し、目的達成のための最適な方法に改革するという仕組みです。

クリニックがこちらの考え方を浸透させることにより、従業員は“やらされている感”を払拭し、主体的に仕事に取り組むようになり、モチベーションや従業員満足度は向上します。

弊社では、3up-Projectというスタッフ教育専用の研修も用意しております。
こちらの研修は、従業員満足度アップに繋がるプログラム研修となっております。
スタッフ教育が上手くいかない、離職率が高い、などでお困りのクリニックさまにお勧めの研修ですので、是非、お問い合わせ下さい。

まとめ

ここまで、クリニックの従業員満足度向上につながる新しい取り組みをいくつか紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

前述した取り組みを導入し、ある程度院内に浸透したことが確認できた後は、E-Pサーベイを活用して従業員満足度調査を行いましょう。

簡単操作で自院に合った従業員満足度調査のアンケートを作成できるため、時間に余裕のないクリニックにもおすすめです。

また、労働環境に関する従業員満足度を調査したい場合は、リーズナブルな価格、充実したテンプレート、簡単な操作でアンケートが作成できるE-Pサーベイを活用してください。

また、弊社は医療総合コンサルティング会社で御座います。
BSC(バランス・スコアカード)を使ったコンサル戦略で、多角的にクリニック経営をサポートさせて頂きます。
クリニックの経営でお悩みの方は、まずは弊社にご相談下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました