院長先生が無料で実行できる従業員満足度向上のための行動

クリニックの従業員満足度を向上させるための取り組みといえば、ある程度のコストを費やし、業務体制を整えたり、福利厚生を充実させたりすることが挙げられます。

その他、院長先生は一切コストをかけず、従業員満足度を向上させるための行動も実行する必要があります。

具体的にどのような行動を指すのかを見てみましょう。

コミュニケーション

従業員満足度を向上させるためには、まず院長先生が率先して、コミュニケーションが取りやすい職場をつくることが大切です。

例えば、院長先生から従業員に話しかけて世間話をしたり、業務中も従業員から話しかけられるのを待たず、不明な点や困っていることはないか確認したりすることは、すぐにでも実行できます。

その他、出勤簿は院長先生の席の隣などに配置し、一声かけ合える環境をつくることでも、コミュニケーションの取りやすい環境は形成されます。

理解と尊重

院長先生は、従業員満足度を向上させるために、各従業員のことを理解し、尊重することも大切です。

わかりやすい例でいうと、たとえ従業員がミスをしてしまったとしても、頭ごなしに叱るべきではありません。

具体的には、「なぜミスしたの?」と問い詰めるようなことはせず、「なぜミスにつながったのだと思う?」という風に話しかけ、今後の成長につなげることを意識してください。

また、従業員に任せた業務のフィードバックはしっかりと行い、良い点に関してはきちんと言葉にして褒めることも重要です。

院長先生の評価がアップすることが、従業員満足度の向上につながる可能性は十分にあります。

人材育成

クリニックの従業員育成は、どうしても院長先生の力だけではカバーしきれないところがあります。

このとき、院長先生は指導役、マネージャー的な役割の従業員に人材育成を任せるのが一般的ですが、このような形を取る場合は、まずマネージャーを育成しなければいけません。

具体的には、マネージャーの役割を明確に伝え、従業員が委縮しないような指導を実施させる必要があります。

こうすることで、マネージャーを通じ、院長先生の理念や方針をうまく従業員に伝えることができます。

まとめ

ここまで、従業員満足度を向上させるため、院長先生が無料で実行すべき行動を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

従業員満足度向上のための取り組みを行った後は、アンケートツールであるE-Pサーベイを用いて、定期的に満足度調査を実施しましょう。

また、調査結果を分析し、取り組みの成果を追っていくことで、クリニックにおける課題は解決されていく可能性が高いです。

また、弊社は医療総合コンサルティング会社で御座います。

BSC(バランス・スコアカード)を使ったコンサル戦略で、多角的にクリニック経営をサポートさせて頂きます。

クリニックの経営でお悩みの方は、まずは弊社にご相談下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました